ギターが上手いってどういうこと?

ギターを勉強する前と後とで認識が変わったことって結構ありますが、「ギターが上手い人」のイメージも大きく変わりました。

ギターが上手い人って実は、そんなに高速で指が動くわけでもないし、ぽっちゃりしたおじさんや華奢な女性も多く身体能力に優れているわけでもない。
ただエコを追求した結果高速で弾けるんですね。

ここでいうエコとは効率だったり無駄を省くことだったり。
このエコ研究の幅は広く、指の動かし方だけじゃなく圧力のかけ方、運指、フレージング、姿勢や呼吸、果ては(※)楽器自体まで無限にあります。

なので一流プロに「初心者と同じ指の使い方と楽器で弾いてください」と言ったら案外弾けないはず。

「漠然と練習しても無意味」とよく言いますが、こういう理由ですな。
音階練習する際、一回目と二回目で同じ弾き方をしてたら何も変わらないですから。
(身に着けたことを確実にするためまったく同じく繰り返すなどはありますが)

基本的にギターは誰でも上手くなれる楽器なので、「いくら練習しても上達しない!」というのであれば十中八九練習方法に問題があるので先生に相談してみよう!

 
※お店で売っている楽器は弦高が高く弾きにくく設定されていることが多い(そのほうがよく鳴っていい楽器に聞こえるため)

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中