楽器って高いよね

ということで楽器のお話。

楽器の購入をやたら勧めてくる先生も少なくないし、それが不満ですって声もたびたび聞く。

ただ難しいことに、あまり薦めない先生がいい先生かというと単純にそういうことでもないんですよね。

楽器を買っていただけない場合、

家で練習できない → 上達しない → 弾けないからつまらない → やめてしまう

というケースが非常に多くなります。

レッスンというのは「自分を上手くさせてくれるところ」と思われがちだけど、ほんとは「上手くなるために何をしたらいいか教えてもらえる場所」なので、レッスンだけでは絶対に上手くなれません。

上手くなるには練習が必要。当たり前のようなことだけどこれを知らない方は本っっっ当に多いんですよ。

先生としては生徒さんがやめてしまうというのは金銭的な損失もありますがそれ以上に音楽の世界に繋げてあげられなかったという意味合いが大変大きいです。

楽器をすすめてくる先生は、中には売上目的の方もいるとは思いますが、適正な値段であれば大体生徒さんのことを考えてのアドバイスですので、話を聞いてあげてください。。。

 

ただ一方で楽器の購入に踏み切れない理由もやはり数々あるんですよね。

例えば私は日本の方とアメリカの方にギターを教えていますが、

「ギターっていくらくらいだと思う?」

って聞くと

「数千円から一万円くらい?」っていう声が国を問わず聞こえてきます。

20年ほど前は「数万円から20万くらい?」というのが大勢だったと思うので、物価全体のデフレとギターのデフレに大きな隔たりが出てきてしまったんでしょうね。

初心者用のギターでもやはり高価な買い物ですので、いろいろと難しいところ。。。

しかしそれで音楽と出会えず「自分には無理だった」という思いをその先ずっと持たれるのも悲しいですし、難しい〜〜〜

あ、もちろん私はしつこく購入すすめたりしませんよ!!!

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中