意外と知らない弦の張り方

クラシックギターのお話です。

実際弦のブリッジへの固定の仕方、ペグへの巻き方などいろんな方法があって人によっても違うし、正直どれでも大した違いはないと思います。
今回はちょっと別角度のお話。

既に先生に習っている方には当たり前の話だと思いますので読み飛ばしちゃってくださいね^^;

ギターを独学で始めた方や、弦の張り方は見よう見真似だったりYouTubeとかで研究した方は意外と知らない端弦の話。

 

時折弦を全部糸巻きに巻き取って何周も巻いてる方がいますが、あれダメです!

そんなん知ってるわ!って方は読まなくていいですが、やってしまってた、って方は読むとちょっと楽になるかも。

よく「弦を張り替えてから一週間くらい安定しなくて人前で弾けません(泣)」という方いますが、ちゃんと安定します。弦が新鮮な音を出すのは張り替えてから数日程度なのでむしろそこで弾けないとまずいです。

ちなみに私は本番前日に張り替えてます。師匠は弦を張り替えないとついつい練習してしまうので、手を休めるために前日に張り替えると言っていましたね(笑)(弦が新品なら傷めないために弾かないので)

実は余分に巻いた分の弦は、徐々に徐々に緩んできてしまってチューニングが狂ってしまいます。弦が伸びるというのもあるにはありますが、チューニングが安定した!というのはほぼ弦のたわみが取れた状態です。

実際弦は伸びるので、ピンと張った状態で糸巻きに弦を通してペグを回していっても十分巻き付きます。
余った弦が不格好、という方は切っちゃいましょう。

こういったことは弦の張り替え方の記事には大抵書いてありますが、あまり重要そうな書き方はしていないので読み飛ばしてしまう方が多いので、嘘だと思ったら試してみてもらえるといいかも。

なんとなく弦を切りたくないのもくるくる輪っか作っておきたくないのもわかるんだけどね・・・

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中