スケール練習の左手上達の忘れがちなコツ

最近たまたま何度かこの話題が出ましたので。

コツというか身に着けないといけないことは山ほどあるので詳細は巨匠の書かれる書籍にお任せするとして、小物ギタリストとしては隙間産業的に簡単且つ効果的且つみんな知っているのに忘れがちなコツを一つだけご紹介します。

まず、スケール(例としてハ長調・ドレミファソラシド)を弾くということはどういうことか。

それはつまりドを弾いて、次にレを弾いて、次にミを・・・

当たり前のことですが。

ではドを弾くとはどういうことか。

まずドの音を綺麗に鳴らし、次に音価いっぱい維持する。

これも当たり前のことですが。

ここで一つ問題が生じます

最初の音を出すのはそれを維持するよりずっと簡単ということです。

つまり、ドの音が出てそれで安心してしまうと実はその後はちゃんと出ていないかもしれないということです。

スケールをゆっくり弾くのが苦手、という方は十中八九これです。

ゆっくり弾くというのは音と音の間隔が長いことではなく、ロングトーンが連続するということ。

綺麗に響かせられないと間がもたなくなってしまってついつい早くなってしまいます。

まずはドを音価いっぱい綺麗に響かせて、それからようやくレが弾ける、それはテンポが速くなっても同じです。

単音を綺麗に響かせるためには

当然ですが左手の押さえが適切にできていないといけません。

音価を維持しきるまで手の負担なく重さをかけ続けないといけません。

押え方が適切でなければ修正していかないといけません。

逆に言うとそれが修正できた時、スケールが上手になったと言えるんです。

どうやって押さえが適切か知るのか

逆説的ですが、適切な押さえをしたいのはいい音を出したいからです。

つまり、いい音が出ていれば押え方も適切、余韻が消えてしまったり芯のない音になってしまったら要修正と言えるんです。

つまりよく聞いていればいいわけなんですが、ここに今回の主旨が出てきます。

右手が遠慮してしまっては判断できない

私が今まで見てきた中で(私も含めて)スケールが苦手な方は押弦が苦手な箇所で無意識に右手を弱く弾いてしまいます。

弱く弾けば多少押えが甘くても鳴ってしまうし余韻も聞き取れませんので、「ここは右手が普通に弾いたら上手く鳴らないかも」と思ったら余計にちゃんと弾かないとダメですよね。

そんなわけで上手く弾けないところでも右手はしっかり弾きましょう!

うまく音が出ないなら左手を直すチャンスです!

ちなみに”しっかり弾く” ≠ ”大きな音で弾く” ということにはご注意。

しっかり振動させて響かせられていれば小さな音でも大丈夫。

独学等でちゃんと鳴っているか自分で判断できない方はとりあえず大きな音で弾いていればOKです。

長文になってしまいましたが、右手をしっかり弾かないととは気を付けている方は多いと思いますがそこまで重要だとは知らない方も多いので詳しく説明してしまいました。

ちゃんとした音がベター、というよりはそれが上達のための最低条件くらいに思って丁度いいです。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中