プロ>アマ? クラシックの場合

前回、メジャーデビューするには音楽的実力より個性が重視されるよねということを書きましたが、クラシックの場合はどうなんだろうと思いませんか?

ポップスほど実力にばらつきはなく、試験のようにコンクールで評価されていく。ずば抜けた個性・タレント性を持った人でも必ず人並外れた演奏技術も持ち合わせる。

実はクラシックではある程度演奏の対象も限られるため、「こう演奏すると素晴らしく聞こえる」または「才能あふれる人であればこう演奏する」といったセオリーがある程度わかっています。なのでクラシックのレッスンでは技術だけでなくどうやったら才能あふれる人と同等の演奏ができるかということを学んでいきます。(クラシック以外のレッスンも同様ですが、クラシックより様々なものが評価されるため個人差はより大きくなります)

つまりある程度経験を積んだ人であればみんな天才同様の演奏をするので、そこから先に何を積み上げるかという勝負になっていきます。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中