小指を届かせるための見逃しがちなこと

台風でお休みなので小ネタ。指の柔軟やっても大して効果はないですよー

指の長さって同じじゃないので長い指に合わせて位置どりすると短い小指が届かなくなります。

中指薬指は曲げる事により調節できますが手の支えとなる人差し指はそうもいきません。

カポタストのように使う事になるのでそのカポタストの形状を工夫して上手く長さを殺さないと小指が苦労する事になります。

手が小さい方になると必死で伸ばそうとするため余計に届かなくなることがあります。手の小さな子供に至るまでみんな人差し指は“長過ぎ”ますので感覚に騙されないように~

小指に比べ他の指は押さえるのが楽なためフレットから遠くを押さえがち。

でもそれも積もり積もると小指が届かない原因になります。これに該当する方、とっても多いです

力を入れて押さえ過ぎて手が動かないのも原因。

以下の動画では全然指を開いたり伸ばしたりしなくても遠くまで届く様子がわかるかと思います。

脱力を力を抜く事と考えがちですが、弦には重さをかけないといけないので「脱力=少ない筋力で最大限の重さを弦にかける事」と考えるといいかと思います。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中