指の独立は必要か

という、ちょっと危ないテーマに切り込んでみたいと思います。

結論から言ってしまうと独立自体は必要ですが各指を他の指の影響を受けないように一本ずつ動かす能力は全く不要だと思います。というかそのように動かすギタリストを見たことがないかもしれません。

下に添付した動画の冒頭にポピュラーな指の独立のエクササイズがありますが、これをレクチャーする動画や写真等いろんなところにありますので是非チェックしてみてください。どのギタリストも指は独立していないですよね?むしろ全部の指が連動して同時に動いているはずです。(私の動画ではちょっと大げさにやってしまいました、ごめんなさい!)

スケールもスラーも目的の指以外が弦に接しても何ら問題ないはずですし、むしろ一緒に接してくれないと早い下降やスラーなどは鳴らないですよね。

特定のコードを押さえながら一部の音が変化していく場合もすべての指が動いて困ることは何らないし、既に押さえている場所は弦に指先を相当な重さで載せているのだからズレることもありません。

複雑なコードを押さえる際など、一本一本バラバラに動かないといけないのではないかと思われがちなのですが、実はまったく逆です。《指はすべてつられて動くという前提》ですべての指先が目的の位置に送り込まれるよう、指先の向きを調整した上で一緒に動かしてしまえばいいのです。

この指先の向きを調整すること自体は指の独立ではありますが指を個別に上げ下げするのとは違い、日常やっている動作ですので特に練習しなくても慣れればできてしまいます。逆に指を個別に上げ下げする動作はおそらく色んな記事で既に目にされているとは思いますが人体の構造に逆らう無理のある動作なので難しいしできるできないは個人差が出てきます。

押弦をハンコを押す動作だとしたらこの調整はハンコを彫る行為ですね。

指の独立のエクササイズは私は生徒さんにはすすめていませんが、もしやる場合はそもそも指は個別には動かないという前提でやると大変効果が上がりますのでお試しあれ!

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中