演奏に必須なのにあまりに難しいこと

演奏に必須なものがいくつかあります。演奏技術、音楽的知識、音感などなど・・・その中でも重要度が高いのに習得が特に難しいのが「客観的に評価する力」です。他の能力と比べ”天才”が割と多いのも特徴なので、私のような凡人は意識して鍛えていかないとおいていかれちゃう点も重要さに拍車をかけます。

楽器から奏でられた音や音楽は自分で聴いているのと客席で聴くのとではまったく聞こえ方、感じ方が変わります。例えば音量で言えば楽器の裏側にいる演奏者と正面の少し離れたところのお客さんではまったく違うし、ギターで言えば低音弦が耳に近くなるので客席よりも低音が強く聞こえがち。この自分に聞こえている音を「お客さんにはこう聞こえているはず」という音に補正していかないといけません。

録音してみるのが一つ有効な方法ではありますが、録音した音というのは録音した環境、再生環境、録音の方法などで聞こえ方がまるで変わるため単純に他の人と比較してみることができません。ですので他人の意見に頼る機会も多くなります。

ただしここに落とし穴があります。例えば音が大きい、テンポが速いといった評価があると思いますが、これの意味するところがわかるでしょうか?

音の大きさで言うと、客席で聴いていて良く聞こえる=音が大きいと感じられるのは実際には音量よりも楽器を鳴らせているか、響きの割合がうんと大きいです。例えば小さい音量で上手に鳴らす演奏と大きい音量であまり上手でない鳴らし方では同じかむしろ前者が大きく聞こえます。

テンポに関しては先日レッスンでちょうどいい例がありました。あるバンドの曲を練習していた生徒さんが曲調が変わった部分で急に早く弾きだしました。どうしたの?と聞くと「原曲はここで早くなるんです」と。実はそこはまったく同じテンポだったんですが、曲調が変わったため早く感じたというわけです。

つまり、お客さん目線で言う「音が小さい」「テンポが遅い」を正しく理解せずに演奏を修正しようとするととんでもないことになるということです。聴く力、自分がある要素からどう感じるかを観察する力はとっても大事ででも上達が難しいことなので日頃から注意してみよう!

幸いなことにこれは日々の練習で自分の演奏をよく聞くこと以外にも通勤時に聴く音楽等あらゆる音楽から学べます。楽器演奏せずとも人生を豊かにする能力なのでたまたまこれを読んでしまった楽器に興味ない方も是非試してみてくださいね~

ブログ記事が真面目過ぎると言われてしまいましたが不器用でこんな感じにしか書けないぞ~~~

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中