コード弾きする初心者に一番知って欲しい知識

練習というより実際に曲を弾き語りなどする際に役立つ知識です。

実はこのエントリーは黒津りゅうたさんがギター茶会のビギナー向けコード講座で言っていたことほぼそのまま、パクリです(笑、ごめん!)

コード譜を見ながら弾いていると見たこともないコードが沢山出てきます。メジャー、マイナー、数字が入っていたりC/Bみたいに二つ書いてあったり・・・。練習の時は一つ一つ調べて反復練習することができますが気持ちよく弾き語っているときにそんなことしたくないし、人前ならなおさらできませんよね。

実はコードって

・骨組み + 味付け

という感じでできています。

骨組みは大きく分けて二種類、メジャーとマイナー(例外はあります、後述)

Cmadd9、CmM7、Cm/G

これらのコードであれば骨組みはすべて同じCm(Cマイナー)、そこに足されたスパイス(add9、M7、/G)が変わってくるだけです。

(注・読み飛ばし可:CM7はCメジャーセブンと読みますがこの”メジャー”はCでなく7にかかってくるので、CをCメジャーと読むならばCM7はCメジャー・メジャーセブンという意味です)

ですのでこれらすべてCmで弾いてしまっても(足りない音はあるにしても)間違った音が鳴ることはないので、もしこれらのコードを知らなければCmで弾いてしまえばいいわけです。

弾いている側からするとこの音の足りなさはとても違和感がありますが、聴いているほうはそこまで気にしませんし少なくとも演奏がスムーズに流れるというメリットに引き換えられるほどのことではありません。

また、C○○というコードであればC(ドの意味)から始まるコードという意味なので一番低音の弦はC(ド)でなければならないし(ルートと呼びます)、普段私もレッスンではルートをしっかり意識するように言いますが、実際の演奏ではプロでも100%ルート音から弾いているかといえば (弾かない・弾けない・合わせて) そうではないので独学でどうしても鳴らない低音があったら切り捨てても問題ないと思います(流れが最優先!)。

注意点としてC(メジャー)とCm(マイナー)では骨組みが違うため、Cmと書いてあるところをCで弾くことはできません。また、aug(オーギュメント)、dim(ディミニッシュ)、♭5(または-5、フラットファイブ)など成り立ちが違ったり骨組みから変化させたりしたものもあるため代用すると違和感が出てしまうでしょう。

ここのところ、以前までに輪をかけて真面目な記事しか書けないな・・・

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中