脱力≠最小の力

脱力して弾きなさいとはよく聞きますが、かる〜く押弦してしまっていないですか?

必要最小限の力しか弦にかけない場合、音色や音程をコントロールするための余裕がなくなります。

試しに思いっきり強く押さえてみてください(力んじゃってもOK)、音色変わるでしょ?タレガの曲なんてわかりやすいですね。

つまり脱力することと弦にかかる重さを減らすことはまったく別物なわけです。

脱力をしようとして単純に力を抜くと弦にかかる力(重さ)も抜けてしまうので、逆に最小の力(労力)で最大の力(弦を押す力)を出せるようにしてみると結果的に脱力ができます。

この時、「指が痛くなるほど押さえてるのだから重さは足りてるに違いない」と思ってしまうかもしれませんが、指先が感じる圧力と弦にかかる圧力はまったく別物なので気を付けてくださいね。

上手になってくると指先に感じる痛さはなくなっていくのに対し弦にかかる重さは増えていきますので自分に騙されないように!

(※最小の力で押さえるなということではないです、ギリギリ鳴らせるより大きい力も必要なことが多々あるという意味です)

1回目が押弦強め。極力表現付けずに弾いています。1回目のほうを弱く弾いていますが響きの違いでむしろ大きく聞こえさえします

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中