ギターで右手左手が同期しない時に考えてみるべきこと

とはいうものの、同期させる練習みたいなのは偉い先生のブログや本に山ほどあるので盲点みたいな情報だけご紹介。

両手が同期しない、つまり右手と左手の動きのタイミングが合わず音が繋がっていかない。よく聞く悩みです。

ここで思い出しましょう、レッスンや動画やブログや本やライブハウスや居酒屋などで聞いたことのあるアレです、

「人間は両手で別々のことができない」

思い出しました?そうなんです、人類はむしろ両手を同期”させない”ことができないんです。ではなぜ音が切れるのか。

左手にフォーカスすると、鳴らすべきタイミングで弦を押さえて弾けば綺麗に鳴るはずですがそれが鳴らないのだから単純に弦が押さえられていない可能性が高いです。時間をかければ押えられるはずですが触った瞬間には弦に重さを与えられていないわけです。つまり押弦に無理がある。

これが上手にできているかどうか判別する方法があります。それはロングトーンのレガートで試すこと。滑らかにつながって聞こえれば瞬時に適正な重さをかけられているということになります。

ただし!弱く弾くと重さが甘々でも鳴ってしまってエラーチェックができないので強く練習すること。それに気を付けて練習していれば瞬時に重さをかけられるようになり、ひいては早いフレーズでも左右が同期するようになって弾けるようになります。

あれ?これもどこかで聞いたことないですか?「早いフレーズが弾けない時はゆっくり練習するように」100万回は聞いた言葉ですね。

右手にフォーカスしてみましょう。右手がタイミング通りに音が鳴らせないというのは大問題です。何せ指にしろピックにしろ、引っ張ってたわませてあった弦からタイミングに合わせてただ外してあげるだけですから、タイミングがずれてしまうということはただ指かピックを外してあげる以外の動作をしてしまっているはずです。

よく見かけるのがどのタイミングで発音されるのか理解していないケース。指が外れる時に鳴ると理解していないため、適当に指をスイングしてしまい、弦から指が外れるタイミングがその都度バラバラな方を時々見かけます。

両手が同期しないとは両手が同時に動かないことではないことが分かっていただけたでしょうか。ですので私は同期という表現もおかしなものだなぁなんて思ってしまいますが。言葉に惑わされず本質を見ましょう。

ところで毎度のお約束ですが、両手の同期の練習を否定するものではありません。その練習自体はここで挙げたようなことをチェック・改善するのに有効ではあると思います。弱く、早く弾くのは意味ないですけどね。
(私の生徒さんで読まれた方いてもこの練習する必要はないですよ)

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中