ルール守らなくてもいい音楽はできる。ではルールは何のため?

よく「有名なミュージシャンは音楽理論や作曲法も学んだことなくて演奏も自由にやってるんだから好きにやればいいじゃないか」という方がいますが、まったくもってその通りです。

音楽の理論やルールに従わない音楽もそれをいいと思う人はいるし、いいと思われるならそれで何の問題もない、これはこの通りです。

さて、ここでクラシック音楽とは何かということを一度考えてみましょう。

クラシック音楽って古くさいイメージではありますがその当時においては要は流行の音楽だったわけです。今私たちが米津玄師を聴くのと同じ感覚ですよね。

その流行の音楽の中でも好まれ続けて、もしくは一度廃れても再度愛された音楽が現在残っているクラシック音楽です。

その中にある共通のルールや法則を見つけまとめたものが現在に伝わる音楽理論や演奏法なので、言ってみれば「全員とは限らないけど比較的多くの方が心地よい・綺麗・かっこいい、等と感じる法則集」なわけですよね。

だからこれを知らなくてもいい音楽は全然できちゃうんですが、知って自然とできるようにしておけば「誰が聴いてもいい音楽」というところをスタート地点にできるのです。

またこういうことを知っておくと、「ルール上はこうくると自然に綺麗に聞こえるよね、ということはお客さんもそう期待しているだろうから逆のことをすれば驚かせられるな」みたいなことを考えられるのでルールを外れることもとても意義あるものになります。知らないでやれば不快になる人のほうが多い博打になっちゃいますからね・・・

ポピュラーでも新しいジャンルの音楽を作るにしてもクラシックを一度は学ぶと便利だよーと常々思います(特に演奏!)

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中