クラシックギターっておいくら?

これからギターを始めようという方は疑問に思われることも多いと思うのでまとめておきます。

本当は教室としては「そんなにかかるの?じゃあレッスン受けようかと思ってたけどやめようかな」と言われても困るのであまり公開したくなかったりもしますがやっぱり気になりますよね。

下記は一般的な流れです。またクラシックギター以外の楽器も同様なことが多いと思いますので金額は違うでしょうが参考にしてください。

1.初心者

最初の一本は7~8万円くらいのものを勧めることが多いです。安いものだと2万円台からありますが、音色の良し悪しがはっきりわかるのが8万前後のクラスからです。
一昔前は5万くらいだったものなのでギター歴長い方からは違和感もあるようですが、最近は海外製の品質も上がってきて多少安めの選択肢も増えてきました。
音色の良し悪しがはっきりわかるというのは重要で、練習しているときに「いい音が出た」と自分でわかればいい音を出すにはどうすればいいかということが分かっていき、上達に繋がります。ただ、それ以下のものがダメかというとそうでもなく、予算が厳しいなら2万円台でもいいと思うし、実際生徒さんに薦めることもあります。一番良くないのは悩んだまま数か月経っちゃうことですので。
ただし二万円以下のものと中古は先生に相談なしにはダメ絶対。まともに使えないこともあります。(覚悟の上で買うならアリ、ただ少なくとも調整は必要でしょう)
そして値段以上に大事なのが調整。実はお店に並んでいる状態では満足に弾けないものも多いです。量販店に比べ高い専門店ですが、実は調整料が入っていたりすることも。

ここで数十万の高級ギターをすすめられることもありますがそれの良し悪しは後述。

2.中級者

実力もついて自分の出したい音がわかってくると、初心者用の楽器だとその音が出ないこともわかってきます。そうなるともう一本欲しくなると思いますが、この段階だと30万以上の手工製の楽器を買う方が多いようです。
誤解されやすいですが、これは必須ではないし8万のギターでも生涯楽しむことができます。これが買えないとダメということはないのでご安心を。また、この後さらに上のランクのギターを買う方が多いですがこのクラスでも十分演奏に通用します。

3.上級者

ここまで来ると100万前後の楽器を持つ方が多いです。もう自分の音の好みもわかりますし、ギターに何を求めるかも定まってきます。どれが弾きやすいかもわかるようになりますので時間とお金があれば自分と相性ぴったりの楽器を探すこともできます。

後述すると言った初心者の一本目に高級ギターを買うことの良し悪しですが、モチベーションのためにも最初に高級なものをすすめる教室もあります。実際モチベーションって大事ですし、買ったが最後容易にやめるわけにはいかなくなるので上達に効果はあるかもしれません。
ただし初心者の段階では自分の音の好みもわからないし、しっかりした音が出せない状態で試奏しても将来的にどんな音が出るかさっぱりわからないはずです。また弾きやすいかどうかも人によってまったく違うため、先生に聞いたらわかるというものでもありません。将来的に何本も高級ギターを買えるのであればこれもアリですが、生涯の相棒にするには後々不満が出てくる可能性も高いです。
ですのでダメというわけではないものの私の教室ではおすすめはしていません。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中