出だしの第一音を間違える?

ギターで最初の一音を間違えてしまう方に朗報です。

当たり前のことを書きますので「馬鹿にするな」と言いたくなる方もいるとは思いますが意外とご存知ない方も多いのですよ。

ギターで音を出すプロセス

まずは音を出すのに何が必要か考えてみましょう。

・左手

1.弦を押さえる

2.(音が出たら)音をコントロールする

3.音を消す

・右手

1.弦に触る

2.弦をたわませる

3.弦から離れる(音が出る)

最初の音を間違えてしまう方の場合、間違った音を弾いてしまうことが最多ですので左手は最初の音は弾き始める前から入念に押さえてしまえばいいですね。

押えが甘いと例え音は鳴ってもその後のコントロールができなくなることがありますので入念に重みをかけておきましょう。

問題は右手。

右手が弦に触らない状態からスタートして違う弦に当ててしまったりかすったりする方がとても多いんです。

予め弦に触っておけばいいのですが、それが出来ずにあえて空中からスタートしてしまったり。

というのも実は右手って弦に触っただけの状態では弾けないんです。

軽くたわませた状態で待っていないと、いざ弾こうと思ってから指を振ることになります。

そうすると弦に指が引っかかって抜けなくなってしまい、思った以上に大きい音が出て自分でびっくりしてしまったり、逆にうまくかからず小さい芯のない音が出たり、発音が遅れたり。

結論

右手は弦をたわませておいて、後は指が離れれば勝手に鳴る状態にして演奏開始を待ちましょう。

そもそもこれがやりづらいという方は弾弦の仕方を誤解されている可能性が高いので見直す契機にしてみてください。

プランティング(予め使う予定の指を弦に置いておくテクニック)が用いられたりするのはそれが楽だからであって、楽でないなら弾き方のほうに問題があると思います。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中