フレーズを歌わせるには

歌う(頭の中でもしくは実際に声を出して)というのがもっとも単純な方法かと思いますがこれがなかなか簡単じゃないんですよね。。。

やってるつもりなんだけど全然心地よいフレーズにならない~~~という方も多いんじゃないでしょうか。

個人差はあれど人間には同時に考えられることには限りがありますので技術的なことにばかり集中しているとフレーズを歌っているつもりでも歌えていなかったりします。

音楽ってそもそも連続的なものですよね。つまり歌うことを考えられない瞬間があればそこで音楽が途切れてしまっています。またギターって音が減衰していく楽器なので音を出したらそれで終わりと思ってしまいがちですが左手はバイオリンのようにずっとコントロールしているので音を出して安心してしまったらそこで(音は伸びても)音楽は切れてしまいます。

この課題を解決する一番単純な方法は簡単な曲を選ぶことです。技術的なことで悩まなくてもいい曲なら旋律のことを考えていられます。

音楽的な演奏をする方に共通のことがあります。それは難しい曲を弾かないということです。頑張ればなんとか弾ける、という曲だと技術にフォーカスしてしまい音楽的にならないので、そもそもそれを「自分には弾けない曲」と認識しています。物凄く素敵な演奏する方に「今度これ弾いてくださいよ~」とリクエストして「私にはとてもとても」と言われて謙遜かなと思った経験がある方は多いんじゃないでしょうか。

逆に言うと音楽的な演奏ができない方は難しい曲を選びがちです。曲が簡単でもその分技術以外のことをいくらでも工夫できるので十分面白いしやりがいはあるんですよ。

う~ん、文章が固いというご意見いただきましたがどうにもならないなぁ・・・次回はラップスタイルで書こう(嘘です)

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中