バタつきの原因はコイツや

独学の方を対象にしていますのでレッスン受けてらっしゃる方は回れ右してご自分の先生のご指示に従ったほうが良いでしょう。

指がバタついてしまうという方多いと思います。そもそもバタつきとはなんぞや?それは指がバタバタ動くこと。

なぜバタついてはいけないのか

指が動くことの何が悪いのかという話にもなりますが、その前にYouTubeででも「ギター 速弾き」とでも検索してみてください。指の動きはほとんどないはず。そう、指は動く必要がありません。

ところが弦を押さえる前は指は空中にありますよね。つまり指は動いてないけど弾くときになったら指板上に移動して弦を押さえているわけです。ここがポイントで、つまり指を動かす以外の移動方法、押弦方法があるわけです。

指を動かさないと弾けないということは本来使うべき方法を使えていないとも言えます。それができているなら本当はバタついたっていいんです!(わざわざバタつかせる必要はないでしょうが)

指を動かしているというのはどういう状態か

指を動かすことで(握力で)弾いている方特有の動作があります。それは「振りかぶり」

大前提として指の力で弾くべきでないというのは指の力が圧倒的に弱く遅いからです。つまり指を振って弾いている人はその不足分を何かで補って弾いています。その一つが「勢い」

言わば助走をつけて指をぶつけていくことで弦に衝撃を与えています。バタバタして見えるのは振り下ろす動作もそうですがむしろ振りかぶる動作が動きを大きく見せています。

ただこれでは音は出てもその後維持するだけの力はありませんのでロングトーンが苦手だったり間が持たなくなってついつい早くなったりしがちですね。

チェック方法

指が今いる場所から振りかぶる(助走をつける)ことなくそのまま楽に弾けるかどうか。

振りかぶる癖がある方だと手を押さえつけてしまうと弾けなくなってしまったりしますね。

プランティング、スラー(ハンマリング・プリング)、アポヤンドなど手を固定できるテクニックは楽をするためのものでもあるのでむしろ弾きづらいという方は一度チェックを。

以下バタつく例OKな例をねずみ男スタイルで紹介しています~

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中