弾けないフレーズがあったらこれを一番に疑ってみて

と、煽るようなタイトルで引き付けてしまいすみません。内容は極々当たり前の内容です。

これが弾けません!と言う方の何割かがこの症状なので意外と盲点なのでしょう。

さて、ドレミファソというフレーズを弾くのに最低限必要なことは、ドとレとミとファとソが弾けることです。当たり前ですね。

「ドレミファソが弾けません!」という方に実際弾いてもらうとそもそもドがちゃんと鳴っていないことが案外あります。最初の音なので絶対に出るはずなんですが。

「ドが鳴ってないからちゃんと鳴らしてみて」と伝えてみる。

生徒「ど、ど、ド、ド、ド~」

私「お、出るようになったね。じゃあもう一度ドレミファソ弾いてみて」

今度はレが出ていません。

私「レが鳴ってないよ~」

生徒「れ、れ、レ、レ、レ~、よし大丈夫!」

私「じゃあ今度こそドレミファソを!」

お察しの通り、今度はミが鳴っていません。これをドから始まりソまでやった結果、この生徒さんはドレミファソを弾けるようになるのでした。

何が言いたいかというと、弾けないというフレーズってそもそもちゃんと弾こうとしてないことも多いということです。弾けるようになろうとしてない、というべきか。

「たくさん練習したのに弾けないんです」と言う方もいますが、お分かりの通り繰り返し弾くだけで弾けるようになるとは限らないのでたくさん弾いても弾けない場合は一つ一つが出ているか一度確かめてみてほしいと思います。私の経験上(私自身や見てきた生徒さんなど)、練習したのに上手くならないケースは皆無なのでその場合はそれが本当に練習になっているのかチェックすることが絶対必要です。せっかくの努力が実に結びついていかないのはもったいないですからね・・・。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中