楽器で指が疲れる原因

以下の話は楽器を問わず通用するのですがここではギターを例にとって進めていきます。

ギター等弾いていて合理的な押さえ方をしているつもりが特定の指や押さえ方が異様に疲れてしまうことありますよね。その原因と改善方法をご説明します。

楽器演奏では操作するのは指先でも手や腕の重さを上手に使うのがコツだということは皆さん知っていると思います。

以前に別な記事で書きましたが、テレビのリモコンをそっと置くだけでも弦は押さえられてしまいます。それよりも重い腕であればただ重さを載せることさえできればそれだけで弾けるというわけです。これを覚えておいてください。

つまり指がすべきことはただ弦にもたれかかることです。寄りかかって楽にしていればそれで充分なんです。それでも指が疲れる、それもおそらく握る部分で疲れるということはそこに体重がかかっていないということです。もし十分な重さがかかっていたらそれ以上握らなくてもいいわけですから。

まずはこちらの写真のようにテーブル等の上で人差し指一本で手の重さを支えてみてください。

無理に押し返すのではなくただ手を置くだけ、休めるだけです。

この時人差し指の先には弦を押さえるのに十分な力がかかっています。手の重心は〇で示した辺りになるかと思います。

次にその状態のまま、小指を付けてみてください。小指は重心から遠く離れているため、押し付けようとしてみてもまったく重さが載りません。

この不足分を補うために使われるのが筋力なのですが質量に比べて圧倒的に弱いため、頑張って押しているつもりでも全然足りません。しかも筋力で押せば押すほど手を持ち上げてしまうため手の重さを殺していってしまいます。力を入れれば入れるほど押さえられない現象はこれです。

勘のいい人は一枚目の写真の時点で察しが付いたかもしれませんが重心を移動させてやればターゲットである人差し指と小指の指先に重さをかけてやることができます。

一言でまとめるなら指が届くからと重心移動をせず指単体を動かして押さえてしまうといくら頑張っても押さえられない、ということです。

この横方向の運指はとてもわかりやすいのですが指の長さが変わる縦の運指はわかりづらいので注意が必要です。

右の写真は中指のみで手を支えている様子です。人差し指は浮いています。

この時重さをかけることができるのは青い線で表したラインになります。

踏み台の上に立って片足を上げている状態をイメージしてみてください。

ここで人差し指を伸ばしてしまうとこちらには全く重さがかからないことになります。

先ほどの例で言うなら上げていた片足で立っている踏み台より低い位置の地面に触ろうとするようなものです。そのままではそちらに体重をかけることなどできませんね。

これが解決策になりますが、手の重心を落としてあげることでどちらの指にも重さをかけることができます。

セーハ(バレー)の時に上手く押さえられない指がある、なんてのはこれができていないのが原因のことが多いですね。

踏み台の例でも足だけ伸ばすから重さがかからないのであって、普通は体重移動をするでしょう。

テクニックの話で共通して言えるのは「頑張って何かするのは大抵の場合逆効果」ということですね。ほとんどの動作は楽にできるはずなのだから、「ここキツイなぁ~」と思ったらそこから無理をするのではなく楽をする方法を探すのが人生と楽器のコツです(笑)

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中